古い水回りをリフォームする

水回りのリフォームに適した時期とは

家

住宅で長い間生活を続けていると、設備に異常が発生してしまうことがあります。こうしたトラブルが発生してしまうのを防ぐには、定期的にリフォームを実施しなければなりません。まずはリフォームを行なうのに最適な時期を調べてみましょう。

住宅のリフォームを検討するタイミング

リフォームをする時期は設備や場所によってそれぞれ異なるため、リフォームを実施する場合はそれぞれの場所ごとに行なっておくことが最適です。こうした対応をとっておけば、リフォームの際に発生する費用を最小限に抑えることができます。例えば、トイレやキッチンなどの水回りは10年から15年ごとにリフォームを行ない、屋根や窓などの場所は20年から30年程経過したら新しいものに交換する必要があります。まずは住宅内をよく確認してみましょう。

築年数ごとによって求められるリフォームの内訳とは

リフォームにかかる費用をなるべく安くするためには、建物の築年数に合わせてリフォーム箇所を細分化する必要があります。

築5年~10年
給湯器や浴室のドアなどに生じている破損や汚れが気になり始めることが多いです。設備としてはまだまだ使い続けることができますが、早めにメンテナンスを実施し続けていけば設備の寿命を大幅に伸ばすことができます。またメンテナンスを行なう際はシロアリ被害を防ぐために、防蟻処理も同時に実施しておくようにしましょう。
築10年~15年
浴室やトイレなどの水回り部分に何らかの不具合が発生する可能性があります。こういった場所は利用頻度が高くて湿気が溜まりやすいため、他の場所よりも経年劣化が進みやすいことが多いです。また、屋根や雨樋などの場所も同じように風雨で劣化が進みやすいため、リフォームを行なう場合は屋根なども同時に補修しておく必要があります。
築15年~20年
10年以上時間が経過すると、給排水管や土台などの住宅で最も重要な部分に劣化が生じてしまいます。木材住宅の場合はこうした場所の劣化だけでなく、シロアリ被害にも注意しなければなりません。住宅を建築してから15年以上の月日が経過した場合は、土台や給排水管などの重要な場所をきちんと修繕しておくように心掛けましょう。
築20年~30年
住宅の耐用年数は一般的に30年前後とされており、住宅の築年数が20年以上になった場合は増改築レベルのリフォームを実施する必要があります。住宅の状態を改善しながらそれぞれの生活スタイルに合わせて住宅を修繕していけば、今後の生活をより快適に過ごすことが可能です。施工に必要な費用は多く必要になるため、前もって準備しなければなりません。

リフォーム業者からのワンポイントアドバイス

早急に劣化を知るためにも定期点検を依頼しましょう(リフォーム業者)

素人が住宅の状態をチェックしても、どういった修繕工事を行なえば良いのか分かりません。住宅リフォームを取り扱っている会社へ依頼をすることで、しっかりとした住宅点検を行なうことができます。公平な点検で修繕が必要な場所をすぐに特定することができるので、住宅修繕にかかる費用を安くすることが可能です。自分の所有している住宅のどこを修繕すればいいのか分からない方は、近くのリフォーム業者に点検を実施してもらいましょう。

リフォームを行なうのに最適な時期は、専門業者に点検を依頼することで確認することができます。自分の所有している住宅をこれからも使い続けていきたい場合は、専門業者と協力して住宅のリフォーム時期をしっかり把握しておきましょう。

口コミで専門業者を探してみましょう

水回りのリフォームを行なうためには、水回りに特化した専門業者を選ぶことが大切です。他にも、多くの人達が利用しているという点にも注目しましょう。下記のサイトには、水回りのリフォームを専門としている業者を紹介していますから、リフォームを検討している人は確認しておきましょう。

水回り箇所によって異なる劣化のサインを知る

リフォームを実施する時期にはそれぞれ目安が存在しますが、予想以上に劣化が進行していると指定された時期よりも早くリフォームを実施しなければならないことがあります。まずは、劣化のサインを確認してみましょう。

お風呂場の劣化サイン

  • 長期間住宅に住んでいるがまだ水回りのメンテナンスを実施したことがない
  • 風呂場に隣接している洗面所や脱衣所の床がブヨブヨになっている
  • 浴室の壁や床などの場所にひび割れや錆などが発生している
  • 浴室に発生しているカビの状態がひどい
  • 排水口の掃除を行なっても排水が流れにくく、嫌な臭いが発生している
  • お風呂の外壁部分に水が染み出ている形跡がある

キッチンの劣化サイン

  • 設備の腐敗が進行している
  • 油汚れやカビなどがきれいに取れない
  • 蛇口や水道から水漏れが発生している
  • 排水口のぬめりが取り除けない
  • 排水口が詰まってしまうことが多く、ひどい臭いが発生している
  • 換気扇に故障などのトラブルが発生している

トイレの劣化サイン

  • 水漏れが頻繁に発生するようになった
  • ウォシュレットが反応しなくなっている
  • ちょっとしたことで詰まりが起こる

住宅にこういった症状が現れ始めた場合は、業者の方に自宅をすみずみまで点検してもらいましょう。そのままの状態にしておくとどんどん住宅内の環境は悪化してしまい、今後の生活に大きな悪影響を与えてしまいます。

将来的を見通したリフォームを行なう

住宅で快適な生活を長い間楽しみたいと考えている場合は、水回りリフォームを行なって生活しやすい環境を作る必要があります。リフォームを実施すればお風呂やトイレなどの場所をバリアフリー化することができ、老後の生活を安全に楽しく過ごすことが可能です。 また、リフォームを実施して最新の設備を取り付けることで、その後からの住宅内の清掃やメンテナンスが楽にできるようになります。簡単な清掃で住宅内を清潔にすることができれば、多くの労力や時間をかけて清掃を実施する必要はありません。設備維持にかかるコストも節約することができます。

TOPボタン