水回りリフォームに必要な資金

実例でみる水回りリフォームの費用相場

電卓を持つ業者

水回り周辺のリフォームを行なう際は施工費用を事前に把握しておき、リフォームに必要な資金をきちんと準備しておく必要があります。ここでは実際に実施されている水回りリフォームの内容と費用を詳しく紹介します。

お風呂場のリフォームにかかる費用

お風呂のリフォームに必要な費用は、住宅や設備の状態によって変動することが多いです。リフォーム会社に見積もりを依頼しておけば、施工に必要な料金を事前に確認することができます。特に浴室を移動させる際や最新の設備を導入する際は、配管の移動なども行なう必要があるため多額の資金が必要になります。従来工法の浴室をシステムバスへと変更する場合は、床や壁などを一度解体し、コンクリートを使って基礎を新しく作り直すことになります。施工費用は125万円程です。

キッチンリフォームにかかる費用

キッチン部分のリフォームを行なう際は工事が進行するにつれて、設備や住宅の劣化が明らかになることがよくあります。そのため設備の取り付けだけでなく交換や修繕にも多額の費用がかかるので、施工を行なう場合は注意が必要です。 しかし位置を変更せずにシステムキッチンを取り換える場合は、多額の資金を準備する必要はありません。工事費を最小限に抑えることができるため、施工費用は143万円程と他のプランに比べて大幅に安くなります。

トイレリフォームにかかる費用

トイレをリフォームする際は便器や内装材を交換し、室内空間をリフレッシュするのが最適です。カウンターや収納棚を設置すれば室内の快適性は大幅にアップしますが、同時に施工費用も高くなるので注意しましょう。 便器と一緒に内装も全て変更する際は、便器の解体や最新設備の取り付けを行なうため37万円程の費用が必要になります。内装工事も実施しておけば床や壁などの場所を自分好みに変更することができ、新築物件と同じくらい清潔なトイレを作ることが可能です。

自宅に必要な機能をチェック

リフォームを実施すればトイレやキッチン、お風呂場などの水回りを改善することが可能です。しかし工事が増えると費用も高くなってしまうので、施工を行なう際は自宅に必要な機能をあらかじめ考えておくようにしましょう。

水回りのリフォームで重要なポイント

水回りをリフォームする際はそれぞれの生活に必要な要素を考え、それらに合わせて最適な施工プランを考えることがとても重要です。まずは水回りをリフォームする際に重要視すべきポイントをチェックしてみましょう。

お風呂場リフォーム時のポイント

  • 特定のメーカーにこだわらない場合、リフォーム会社から提案をもらいながら施工プランを考える。
  • 施工費用をなるべく安く抑えたい場合は、古いタイプの設備を採用することで工事費用を節約する。
  • 断熱タイプの浴槽などを選ぶことで、保温性を高めて使用時の光熱費を最小限に抑える。

キッチンリフォーム時のポイント

  • 快適に利用できるキッチンのイメージを考え、スムーズに作業を行なうための設備を取り入れる。
  • 実際にキッチンへと立ち、利用スタイルを伝えて最適な施工プランをリフォーム会社と考える。
  • 事前に希望する設備や機能を伝えておき、リフォーム会社から最適な製品を紹介してもらう。
  • 古いタイプの設備を提供してもらうことでコストを節約し、なるべくリフォーム費用を最小限に抑える。

トイレリフォーム時のポイント

  • 温水便座など希望する設備を伝えておき、リフォーム会社から施工に適した設備を紹介してもらう。
  • リフォーム会社に設備を用意してもらう際は古い設備を選び、リフォーム費用を節約する。

水回りのリフォームを実施する際はこうしたポイントを重視し、それぞれの目的に合った施工プランを考えるようにしましょう。適切に対応を行なっておけば、リフォームを実施する際に必要となる費用を安く抑えることができます。

キッチンなどは実機を確認するように~展示会を利用する~

水回りのリフォームを行なう際は展示会などに参加し、設備の種類や施工プランをよく確認しておく必要があります。

展示会で分かること

機能が手に取って確認できる
展示会では空調や換気などのシステムや最新設備を詳しく確認することができます。設備がどのようなものなのか実際に触れて確認することができますし、入手した情報を参考にしてリフォームプランを検討することが可能です。高齢者や子供が簡単に利用できる設備などをチェックしておけば、住宅のバリアフリー化もスムーズに進められるようになります。
各メーカーの違いが明確になる
メーカー会社はそれぞれの会社ごとに違った強みを持っていることが多く、それぞれの目的に合わせて最適な設備を選ぶことが可能です。防災や機能などそれぞれの要素を把握しながらいろいろな設備をチェックすれば、今後の日常生活をしっかりサポートすることができます。展示会で設備を確認する際は、入念に情報を確認しておきましょう。

展示会での注意点

住宅の展示会で紹介されている設備や施工法は、通常の住宅よりもグレードが高くなっています。そのため展示会で見たものをそのまま再現しようとすると、多額の資金を支払うことになることが多いです。これからリフォームを実施する場合は業者に連絡を行ない、実際の施工費用と予算をきちんと比較しておくようにしましょう。工事の予算を事前に伝えておけば施工費用を予算内に抑えて、水回りのリフォームをきちんと完了させることができます。

TOPボタン